医療

心がけ一つで予防できる

男性

予防するために大事な事

うつ病はこころの風邪と呼ばれるほど、誰でもかかりうる病気です。以前は比較的年齢を重ねた40代50代の会社員が仕事からくる疲れやストレスによって発症する傾向が多かったのですが、禁煙は特に10代の学生にこの病気を発症する人が多くなっており、大きな問題になっています。うつ病は誰でもかかりうる病気ですが、症状が深刻化すると治療に数年かかるほか、突然自らの命を絶つこともある決して軽視できない病気です。一度発症するとなかなか治療できない病気なので、うつ病にならないに越したことはありません。時分は大丈夫だと考えているほどこの病気にかかりやすいです。予防法をしっかり学んで未然に防ぎましょう。この病気を予防するためにすぐに実践できることが毎日の生活習慣です。生活習慣の乱れはうつ病発症の大きな原因となります。特に4つのSといわれている生活習慣はこの病気と密接な関係があるので、自分の普段の行動に悪い点はないか考えてみましょう。私たちが生きていくうえで欠かせない食事ですが、うつ病の予防にもとても大事な要素です。ストレスに負けない精神的にも肉体的にも強い身体を作るためには毎日栄養のバランスの取れた食事を食べるように心がけるようにすることが大事です。うつ病の時にはセロトニンと呼ばれる物質の分泌量が少なくなります。白米や納豆、チーズなどはセロトニンの分泌を促進させる効果があるので、精神的に疲れているなと感じたらこれらを積極的に食べるようにすると精神的に安定します。生活リズムを整えることも予防にはとても重要です。毎日同じような行動をとることによって心身のバランスが保たれるようになります。特に一人暮らしをしていると休み前や休日は夜更かしをして昼夜逆転になりがちですが、出来るだけ普段の生活リズムに近づけるように努力しましょう。最近は寝不足に悩まされている人がとても増えていることも大きな問題になっていますが、睡眠をしっかりとれないことは心にも身体にも良くありません。質の良い睡眠はうつ病を予防するうえでとても重要な要素です。とはいっても、ストレスが溜まっているときはなかなか精神的ンいリラックスできずに眠れなくなることも多いです。しかし無理に眠る必要はありません。起きずに布団やベッドに横になるというKとがとても重要で、横のなっているだけでも身体の疲れがある程度とれます。よこになってみて、眠れないならばハーブティーやココアを飲むのが良いでしょう、これらの飲み物は精神をリラックスさせる効果があります。布団やベッドで横になったら携帯電話は決して触らないようにしましょう。携帯電話の強い光は覚醒作用があるため眠れなくなります。そして、最後に重要なのがスイッチです。うつ病の症状が開かKするときな何らかのスイッチが入ります。突然悲しい気持ちになって泣きたくなったり、仕事に全く集中できなくなったりと、スイッチはその時によって違いますが、突然スイッチが入った時にはとにかく休むことが重要です。必ずしなければいけない事だけをこなし、あとはゆっくりと休みましょう。スイッチに気づいて適度に休むことGは出来るようになれば精神を自分でコントロールできるようになり、うつ病にはならなくなります。